SSブログ

Digispark 起動までの5秒待たないBootloader [Arduino]

やっぱり最初の5秒待ちは気になるので、5秒待たないBootloaderにする。
意外とあっさり出来た。

micronucleus_hex.png

●まずはダウンロード

・ブートローダーを以下から

micronucleusmicronucleus-1.11-entry_jumper_pb0.hex at v1.11 · micronucleusmicronucleus · GitHub
https://github.com/micronucleus/micronucleus/blob/v1.11/upgrade/releases/micronucleus-1.11-entry-jumper-pb0-upgrade.hex

すぐダウンロードしだすのかと思ったが、そうではなかった。Rawを右クリックで保存。中身はバイナリーファイルではなくて、テキストファイル。

・書き込みプログラムを以下から

micronucleuscommandlinebuildsx86_64-mingw32 at master · micronucleusmicronucleus · GitHub
https://github.com/micronucleus/micronucleus/tree/master/commandline/builds/x86_64-mingw32/

libusb0.dll、micronucleus.exe ともに必要。
( %UserProfile%\AppData\Local\Arduino15\packages\digistump\tools\micronucleus\ 以下のフォルダ内にあるにはある。)

●新しいブートローダーの書き込み

・Windows11だと、スタートメニューの検索のところに「cmd」と入力。
・コマンドプロンプトが出てきたら、「micronucleus.exe」をドラッグ&ドロップすると、パスがそのまま入る。
・続けて半角スペースを手入力。
・最後に「micronucleus-1.11-entry-jumper-pb0-upgrade.hex」をドラッグ&ドロップして、Enter!

・あとは指示通りにDigisparkをUSBに差し込むだけ。

micronucleus.exeのあとに「 --run 」を入れて、そのあとにhexファイルを入れるように書いてあるサイトもあったけど、なくてもできた。
(micronucleus.exeのヘルプをみると、"--run: Ask bootloader to run the program when finished uploading provided program" とある。)
タグ:Digispark
nice!(0)  コメント(0)