SSブログ
前の10件 | -

ケーブルあれこれ。 [周辺機器]

10Gにしたら機器が増えてケーブルもこんがらがっているので程よい長さのもので整理してみた。

■LANケーブル
カテゴリー6Aとカテゴリー7(もどき)で迷った。
カテゴリー7(もどき)は、かえってノイズが入るらしい情報も散見。
以下の情報からカテゴリー7でも悪くはないようなので、気分を上げるためにカテゴリー7(もどき)にした。

結局、STPはダメなの? UTPでいいの? LANケーブルの専門家に聞く【イニシャルB】 - INTERNET Watch
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/shimizu/1331973.html


■電話線
以前は50cmのものだったけど、装置が増えて壁から離れてしまったので、1mのものに。
爪折れしにくいタイプのものにした。(外すことよっぽどないけど)


■アンテナ線
nasneを介するため2本必要。
もともとは5C同軸ケーブル(約7.7mm)の2mほどのものがぐるぐる巻きになっていた。
屋内だし、4C同軸ケーブル(約6mm)の50cm, 1mのものに変更。


■電源ケーブル
メガネケーブルでつなぐACアダプタが多すぎで場所をとるので、だいぶ前に購入してあった便利グッズを使用。三またメガネケーブル。現在は販売されていないらしい。
meganegidora.jpg
ダイヤテック「めがねギドラ」
https://www.google.com/search?q=FCC3M-04

それでも足りないので電源タップを使用。
ほこりっぽいところなので、電源タップも防塵タイプのものに。



エレコム LANケーブル CAT7 0.5m ツメが折れない 爪折れ防止コネクタ スタンダード ブルーメタリック LD-TWST/BM05

エレコム LANケーブル CAT7 0.5m ツメが折れない 爪折れ防止コネクタ スタンダード ブルーメタリック LD-TWST/BM05

  • 出版社/メーカー: エレコム(ELECOM)
  • 発売日: 2013/05/26
  • メディア: Personal Computers


エレコム LANケーブル CAT7 1m ツメが折れない 爪折れ防止コネクタ スタンダード ブルーメタリック LD-TWST/BM10

エレコム LANケーブル CAT7 1m ツメが折れない 爪折れ防止コネクタ スタンダード ブルーメタリック LD-TWST/BM10

  • 出版社/メーカー: エレコム(ELECOM)
  • 発売日: 2013/05/26
  • メディア: Personal Computers


パナソニック WHA2513WKP

パナソニック WHA2513WKP

  • 出版社/メーカー: パナソニック(Panasonic)
  • 発売日: 2024/02/07
  • メディア: エレクトロニクス









テレホンコード 標準タイプ ホワイト 1m_TEL-C2602W 05-2602 OHM オーム電機

テレホンコード 標準タイプ ホワイト 1m_TEL-C2602W 05-2602 OHM オーム電機

  • 出版社/メーカー: (株)オーム電機
  • メディア:



タグ:LAN
nice!(0)  コメント(0) 

ドコモ光 10G回線とテレビと電話と [周辺機器]

ひさりぶりの更新。
仕事が忙しくなり、やる気低下気味なので環境整備の回。

意味はないことは分かっていながら気分を上げるため、回線を1Gから10Gに変更してみました。

うちの地域はそんなに田舎ではないものの、なぜか10Gの開始が遅れていて、今年になってやっと10Gサービスが始まりました。

うちはドコモ光でまとめていて、「ドコモ光電話」、「ドコモ光テレビオプション」にも入っていたのですが、いろいろ装置が増えました。
docomo10g.jpg
右から
  光コンセント
   ↓ (光ケーブル)
・SCM-PDS 光加入者終端装置 (光回線からテレビをみるための装置) → アンテナ線(nasneへ)
   ↓ (光ケーブル)
・10G-EPON (10G-ONU、光回線からLANへ変換)
   ↓ (LANケーブル)
・XG-100NE (ホームゲートウェイ) → 電話回線
   ↓ (LANケーブル)
・nasne → アンテナ線(テレビ用)
・Aterm WX11000T12 (ブリッジモード)

という感じ。

いままでは、ONU、テレビ、電話が一体で、Wi-Fiもセットだったのに。
(たしか、PR-600MI/GV-ONU だったような。)

ドコモ光テレビオプション(825円/月)というのは、映像配信系サービスとは違って、単純にテレビアンテナの代わりになるもの。台風でアンテナが吹っ飛ぶ心配なし。光回線開通と同時なら初期費用は抑えられる(13,530円~)。ただ長い目で見るとアンテナ設置のほうが安いとは思います。

もともとルーターはレンタル(550円/月)せずAterm WX11000T12を使用する予定(購入済)でしたが、XG-100NEは電話機能(550円/月)のために設置されてしまいました(ただし無料レンタル)。

電話が必要なければ、XG-100NEは不要でAterm WX11000T12(ルーターモード)のみでよかったっぽい。
XG-100NEにはWi-Fi機能も装置的には備わっているのですが機能を使うには別料金(西日本だと110円/月)が必要らしい。
というか、月々の別料金を払えば、ルーターを買わなくてもよかった。
(まあAtermのほうが機能は上だし、、と自分を納得させる。)

ドコモ光 10ギガ | インターネット回線・固定電話 | NTTドコモ
https://www.docomo.ne.jp/internet/hikari/10g_plan/

ドコモ光電話向けサービス | ドコモ光 | インターネット回線・固定電話 | NTTドコモ
https://www.docomo.ne.jp/internet/hikari/tell_service/service/

ドコモ光テレビオプション | ドコモ光 | インターネット回線・固定電話 | NTTドコモ
https://www.docomo.ne.jp/internet/hikari/eizo_service/tv_option/




で、10Gにして速くなったのかどうか?
 → 全く実感できず。

nice!(0)  コメント(0) 

AtomS3 Liteで赤外線リモコン [Arduino]

AtomS3 Liteには赤外線LEDが付いていて、サンプルにもNECタイプのリモコンスケッチがあった。
でも、うちのテレビはソニー製。うちのソニーのテレビリモコンは電源ボタン以外は赤外線ではないものの、テレビ本体は赤外線リモコンの受信は可能。
というわけで、サンプルスケッチをいじってソニーのテレビの操作。
といってもボタンも1つしかないので単機能、ミュートのトグル。

// Infrared remote control  (M5atomS3, SIRC version)
#define DISABLE_CODE_FOR_RECEIVER
#define SEND_PWM_BY_TIMER                       // use hardware PWM
#define IR_TX_PIN 4
#include "M5AtomS3.h"
#include <IRremote.hpp>

void setup() {
    auto cfg = M5.config();
    AtomS3.begin(cfg);
    IrSender.begin(DISABLE_LED_FEEDBACK);       // Start with IR_SEND_PIN as send pin
    IrSender.setSendPin(IR_TX_PIN);
}

void loop() {
    AtomS3.update();
    if( AtomS3.BtnA.wasPressed() ) {
        IrSender.sendSony( 0x01, 0x14, 3, SIRCS_12_PROTOCOL );  // SONY TV mute toggle
    }   // address:0x01(TV,5bits), command:0x14(mute,7bits), repeat:3times, 12bits
}

それにしても、うちの遅いパソコンではコンパイルに時間がかかる。

調べてみると、ESP32は簡単にPWMをつくることができるようだ。
というわけでリモコン信号も簡単にできた。

// Infrared remote control with 40kHz PWM (ESP32, SIRC version)
uint8_t ledIR = 4;

void setup() {
  ledcSetup( 1, 40000, 8 );             // 40 kHz PWM, 8-bit resolution
  ledcAttachPin( ledIR, 1 );            // assign IR LED pin to channel
  pinMode( 41, INPUT_PULLUP );
}

void loop() {
  while( digitalRead( 41 ) );
  sendIrSIRCesp32( 0x14 | 0x01 << 7 );  // SONY mute toggle (cmd:0x14(7bit), adrs:0x01(5bit))
  sendIrSIRCesp32( 0x14 | 0x01 << 7 );  //   repeat 3 times
  sendIrSIRCesp32( 0x14 | 0x01 << 7 );
}

void sendIrSIRCesp32( uint32_t d ) {                    //   T = 0.60msec
  uint8_t  b = (d & 0xF8000) ? 20 : 
               (d & 0x07000) ? 15 : 12;                 // number of bits
  uint16_t usON, usTrailer = 42000;                     // 70T = interval(75T) - leader(5T)
  ledcWrite( 1, 85 ); delayMicroseconds( 2400 );        // leader ON  (4T)
  ledcWrite( 1,  0 ); delayMicroseconds(  600 );        // leader OFF (1T)
  for(uint8_t i = 0; i < b; i++) {                      // data(command + address)
    usON = ((d>>i)&1) ? 1200 : 600;                     // data(0:1T / 1:2T)
    ledcWrite( 1, 85 ); delayMicroseconds( usON );      // data ON
    ledcWrite( 1,  0 ); delayMicroseconds(  600 );      // data OFF (1T)
    usTrailer -= (usON + 600);                          // trailer
  }
  delayMicroseconds( usTrailer );
}

ライブラリ不要となり、多少コンパイル時間も短くなり、プログラムのサイズも減った。

m5atoms3ir.jpg
AtomS3 Liteの赤外線LEDが光っている様子。
nice!(0)  コメント(0) 

AtomS3 Lite 買ってみた。 [Arduino]

無線(というかWi-Fi)を使ってみたくてちょっと調べてみた。

・Uno R4 WiFi でもいいんだけど、、小さいやつ希望
・type-Cで
・技適通ってるやつで
・DIPの幅狭めで
・新しめで
・情報多めのやつで

Nano ESP32 | Arduino Documentation
https://docs.arduino.cc/hardware/nano-esp32
nanoesp32.jpg
「Arduino Nano ESP32」がtype-CでArduino純正のボードだけど、技適通ってないっぽい。

Seeed Studio XIAO ESP32S3 — スイッチサイエンス
https://www.switch-science.com/products/8968
xiaoesp32s3.jpg
同じESP32S3使ってる「Seeed Studio XIAO ESP32S3」もいいけど、アンテナが外付け&本体よりでかい。
ESP32-C3 か S3 かどっちがいいのかもよくわからない。
UNO R4 WiFi や nano ESP32 には S3 が載っているので、とりあえず S3 の方向で。

ほかにESP32S3で探すと、M5Stack関連が出てきた。
M5Stackというとディスプレイとかボタンとかいろいろ付いている系と思っていたけど、割とシンプルなボードもあったので購入してみた。

AtomS3 Lite
https://docs.m5stack.com/en/core/AtomS3%20Lite
atoms3lite_p.jpg
AtomS3 Lite:ボタン、RGB LED、赤外線LEDが付いている。

M5StampS3 PIN2.54
https://docs.m5stack.com/en/core/M5StampS3%20PIN2.54
m5stamps3_p.jpg
M5stampS3:ボタン、RGB LEDだけ。ブレッドボードで遊べるように2.54mm DIPタイプを選択。

とりあえず、AtomS3 Liteを開封
atoms3lite_1.jpg
技適通ってる。

atoms3lite_2.jpg
裸眼では読めない部分あり。




nice!(0)  コメント(0) 

UNO R4で音楽演奏 [Arduino]

音楽演奏のスケッチをいろいろなバージョンで作ってきたけど、UNO R4でもやってみた。

・DAC(12bit)を使用
・正弦波は計算で作成
・音程も計算で作成
・レジスタ触らない
・ところどころブラッシュアップ

r4music.jpg
10kΩの可変抵抗の前に100kΩの抵抗を挟んで約10分の1に分圧したらボリュームとしてちょうどいい感じ。(理論上は40kΩかな)

楽譜の作成と定義のファイルは以前と同様。
https://hello-world.blog.ss-blog.jp/2022-07-04

// Uno R4 DAC Score Replay Sketch
#include "notes2.h"                     // note definition data (pitch(octave,scale) + length)
#define F_SAMP      50000               // sampling frequency (Hz) (divisor of 1,000,000 (usec))
#define MAX_TRACK   4                   // Maximum tracks
static uint16_t   SIN[256];             // array of sine wave
static uint16_t   OCT9[12];             // array subscript difference in the 9th octave
static const uint16_t Jesus[] = {       // J.S.Bach "Jesu, Joy of Man's Desiring"
  125 , 0 ,
  b4e , g4e , a4e , b4e , d5e , c5e , c5e , e5e , d5e , d5e , g5e , F5e , g5e , d5e , b4e , g4e , a4e , b4e ,
  e4e , d5e , c5e , b4e , a4e , g4e , d4e , g4e , F4e , g4e , b4e , d5e , g5hd,                           0 ,
  d4q       , F4e , g4q       , F4e , g4q       , a4e , b4q       , a4e , b4q       , g4e , e4q       , g4e ,       
  a4q       , F4e , g4q       , e4e , a3q       , c4e , b3w ,                                             0 ,
  g3qd            , e3qd            , c3qd            , b2qd            , e3qd            , d3qd            ,
  c3qd            , C3qd            , d3qd            , g2w ,                                             0 , 0 };
  
void setup(){
  uint16_t  i;
  analogWriteResolution(12);
  for(i=0; i<256; i++)  SIN[i]  = 16383.9 * (1 - cos(6.283185 * i / 256)) / 2;      // 14bit sine wave
  for(i=0; i< 12; i++)  OCT9[i] = (440 << 16) * pow(2, (i + 51) / 12.0) / F_SAMP;   // A4=440
}

void loop(){
  playR4( Jesus );
}

void playR4( const uint16_t *score ){ 
  uint8_t  Tracks = 0;                  // track count
  uint16_t note;                        // note (pitch(octave,scale) + length)
  uint16_t NoteCycle, n;                // reference note (96th note) cycle and its counter (n)
  uint16_t   p[MAX_TRACK];              // pointer for each track
  uint8_t  len[MAX_TRACK];              // note length (how many 96th notes)
  uint16_t   s[MAX_TRACK] = {0};        // waveform subscript  (s)  (x256)
  uint16_t  ds[MAX_TRACK] = {0};        //  and its difference (ds) (x256)
  uint16_t env[MAX_TRACK];              // sound envelope
  uint16_t atn = 0, Atn;                // attenuation counter and initial value
  // *** Preparing Scores ***
  Atn = 150 * F_SAMP / 1000 / 356;                  // attenuation half-life : 150 msec
  NoteCycle = F_SAMP *4*60 / score[0] / MIN_NOTE;   // reference note(96th note) cycles
  for( uint16_t i = 1; Tracks < MAX_TRACK; ) {      // Get track count and starting location
    if( score[i++] != 0 ) continue;     // Skip until 0 comes
    if( score[i]   == 0 ) break;        // If two 0s follow, end of data
    len[ Tracks ] = 1;                  // note length subtraction counter to 1
    p[ Tracks++ ] = i;                  // Get location in memory, Count up the tracks
  }
  // *** Playback ***
  n = Tracks;                           // To play immediately after the loop starts
  uint32_t  usInt = 1000000 / F_SAMP;   // sampling time interval(usec)
  uint32_t  usPre = micros();           // sampling time previous value(usec)
  do {
    if( --n < Tracks ) {                // Processing of score for each reference note length
      if( !--len[n] ) {
        note   = score[ p[n]++ ];
        len[n] = note & 0x00ff;         // The lower 8 bits are note length (Multiples of 96th notes)
        if( note & 0xff00 ) {           // If not a rest... (Leave a lingering sound even with rests)
           ds[n] = OCT9[ (note>>8) & 0x0f ] >> (9 - (note>>12));    // increment subscript (x256)
            s[n] = 0;                   // start of waveform cycle
          env[n] = 0xffff;              // the maximum amplitude initially
        }
      }
      if( !n ) n = NoteCycle;
    }
    switch( Tracks ) {                  // Change output by number of tracks
      case 1: analogWrite( DAC, ( SIN[ (s[0]+=ds[0])>>8 ] * env[0] ) >> 18 );  // 14x16=30bit >> 18 = 12bit
              break;
      case 2: analogWrite( DAC, ( SIN[ (s[0]+=ds[0])>>8 ] * env[0]
                                + SIN[ (s[1]+=ds[1])>>8 ] * env[1] ) >> 19 );  // 30/30(31bit)
              break;
      case 3: analogWrite( DAC, ( SIN[ (s[0]+=ds[0])>>8 ] * env[0]
                                + SIN[ (s[1]+=ds[1])>>8 ] * env[1]
                                + SIN[ (s[2]+=ds[2])>>8 ] * env[2] ) >> 20 );  // 30/30/30(31.5bit)
              break;
      case 4: analogWrite( DAC, ( SIN[ (s[0]+=ds[0])>>8 ] * env[0]
                                + SIN[ (s[1]+=ds[1])>>8 ] * env[1]
                                + SIN[ (s[2]+=ds[2])>>8 ] * env[2]
                                + SIN[ (s[3]+=ds[3])>>8 ] * env[3] ) >> 20 );  // 30/30/30/30(32bit)
    }
    if( !atn-- )            atn   = Atn;            // subtract attenuation counter
    if(  atn < Tracks ) env[atn] -= (env[atn]>>9);  // amplitude attenuation
    while( micros() - usPre < usInt );              // wait for next cycle
    usPre += usInt;
  } while( note );                      // Exit if note data is 0
  analogWrite( DAC, 0 );                // Set output to 0
}

nice!(0)  コメント(0) 

オーディオアンプモジュール いろいろ [Arduino]

audioamp_3.jpg
オーディオアンプモジュールを3種類購入してみた。

audioamp_lm358.jpg
LM358というのを使ったモジュール。
使い方がわからなかった。

audioamp_xs9871.jpg
HAA2018というを使ったモジュール。(販売元の説明ではXS9871であった。)
muteがHIGHのときミュートになるらしいが、デフォルトではGNDにつながっていないのに音が出た。muteに5Vかけたらミュートになった。
UNO R4のA0のDACからの電圧を可変抵抗でだいぶ落とさないと音が割れた。

audioamp_xpt8871.jpg
XPT8871というを使ったモジュール。(販売元の写真ではLTK5128のやつもあった。)
こっちはmuteをGNDに落とさないと音が出なかった。
これも可変抵抗で電圧を落として入力。

audioamp_vol_sp.jpg
audioamp_vol_sp2.jpg
裏面に各ピンの説明がシルク印刷されていて、普通のヘッダーピンだと見えなくなるので、L字のものを使ってみた。

ちょっと調べてみると、ライン入力は1Vっぽいので、5VのUNO R4の場合、可変抵抗に入力する前に、その4倍以上の抵抗を挟まないといけなさそう。

nice!(0)  コメント(0) 

オーディオアンプモジュール GF1002 [Arduino]

gf1002_0.jpg
PAM8403を搭載したアンプモジュール。
amazon や Aliexpress でよく見かけるやつ。
可変抵抗もついてて便利そうなんだけど、これの問題は、スルーホールのピッチが微妙なところ。
入力部、電源部、出力部のそれぞれの内部は2.54mmピッチだけど、パート間のピッチは2.54mmピッチとは全く異なりブレッドボードに載らない、、。

そこで、ちょっと考えた。

・電源だけピンを立てる
・それ以外はソケットに
・Arduinoの電源に直刺しのとき、モジュールの基盤が邪魔にならないようL字ピン

gf1002_1.jpg
gf1002_2.jpg
(電源のGNDとオーディオのGNDをつなげておいてもいいと思う)

これをArduino UNO R4に載せてみる。
gf1002_3.jpg
gf1002_4.jpg

ちょっとしたDACからの音声テストには便利。

ブレッドボートでもOK。
gf1002_5.jpg




タグ:アンプ
nice!(0)  コメント(0) 

踏切警報音 UNO R4 [Arduino]

踏切警報音スケッチをUNO R4用にも作ってみた。
UNO R4にはDACがあるのと、速度も速いので、レジスタ操作なしの純粋Arduinoでいけた。
量子化ビット数は DACの12ビット。
micros()でタイミングをとっているので、サンプリング周波数は 1,000,000(μsec)の約数。そのなかで処理が間に合う最大の50kHzとした。

UNO R4はAVRマイコンに比べてドライブ能力が低いので、アンプを使わないとそこそこの音量が出ないのが難点。
r4_piezo.jpg
とりあえず圧電サウンダで。

// railroad crossing sounds and signals : UNO R4
#define F_SAMP    50000         // sampling frequency (Hz) (divisor of 1,000,000 (usec))
#define F_SIGN    100           // light signal : 100/min  (1.666Hz, 0.6  sec)
#define F_DING    130           // ding sound   : 130/min  (2.166Hz, 0.461sec)
#define ATHALF    200           // attenuation half-life : 200 msec
static const uint16_t FRQ[][2] = {      // frequency combination (Hz)
      { 700,  750 },            // JR etc.
      { 450,  550 },            // ODAKYU
      { 550,  650 },            // TOKYU, KEIKYU  
      { 600,  650 },            // TOBU
      { 520,  660 }             // SEIBU
};
static uint16_t  SIN[256];      // array of sine wave

void setup() {
  analogWriteResolution(12);    // A0 : DAC
  pinMode( A1, OUTPUT );        // A1 : LED1
  pinMode( A2, OUTPUT );        // A2 : LED2
  pinMode( A3, INPUT_PULLUP );  // A3 : SW
  for (uint16_t i = 0; i < 256; i++) {
    SIN[i] = 32767.9 * (1 - cos(6.283185 * i / 256)) / 2;       // 15bit
  }
}

void loop() {
  static uint8_t ch;
  uint16_t  cDing, iDing = 60 * F_SAMP / F_DING;        // counter and initial cycles of ding sound
  uint16_t  cSign, iSign = 60 * F_SAMP / F_SIGN;        // counter and initial cycles of lignt signal
  uint16_t  cAttn, iAttn = ATHALF * F_SAMP /1000 /356;  // counter and initial cycles of attenuation
  uint16_t  iA, diA = (FRQ[ch][0] << 16) / F_SAMP;      // array subscript and its difference
  uint16_t  iB, diB = (FRQ[ch][1] << 16) / F_SAMP;
  uint16_t  env;                                        // envelope
  uint32_t  usInt = 1000000 / F_SAMP;                   // sampling time interval(usec)
  uint32_t  usPre = micros();                           // sampling time previous value(usec)
  digitalWrite( A1, HIGH );     // LED1 On
  digitalWrite( A2, LOW  );     // LED2 Off
  cDing = cSign= 0;
  do {
    if( !cDing-- ) {            // reset ding counter
      cDing = iDing;
      cAttn = iAttn;
      env   = 0xffff;
      iA    = 0;
      iB    = 0;
    }
    if( !cAttn-- ) {            // reset attenuation counter
      cAttn = iAttn;
      env  -= env >> 9;
    }
    if( !cSign-- ) {            // reset light counter
      cSign = iSign;
      digitalWrite( A1, !digitalRead(A1) );
      digitalWrite( A2, !digitalRead(A2) );
    }
    analogWrite( DAC, (SIN[(iA+=diA)>>8] + SIN[(iB+=diB)>>8]) * env >> 20 );
    while( micros() - usPre < usInt );
    usPre += usInt;
  } while( digitalRead(A3) );   // Press the tact switch to end
  analogWrite( DAC, 0 );
  digitalWrite( A1, LOW  );     // LED1 Off
  digitalWrite( A2, LOW  );     // LED2 Off
  delay(1000);
  if( ++ch == sizeof(FRQ)/sizeof(*FRQ) ) ch = 0;
}


nice!(0)  コメント(0) 

踏切警報音 リトライ [Arduino]

以前にも踏切の音を出してみるのをやったけど、もうちょっとリアルに。



以下から情報をいただきました。感謝。

【参考にさせていただいたところ】
Web Nucky Blog |踏切警報音の実験 その1
 https://webnucky.blog.fc2.com/blog-entry-296.html
踏切警報音 - くるまや軽便鉄道 PartⅡ
 https://kurumayakeiben.wordpress.com/category/%E8%B8%8F%E5%88%87%E8%AD%A6%E5%A0%B1%E9%9F%B3/
鉄道マニヤに捧ぐ 首都圏主要鉄道会社の踏切音に使用される微分音:左近治の囈(たはごと):SSブログ
 https://tawauwagotsakonosamu.blog.ss-blog.jp/2019-09-19

★いきなりまとめ
・本物の踏切の音と光は安全のため別回路になっていて、同期していない。
・現在の電子ホーン式のほかに電鈴式、電鐘式がある。
・音は2(~3(京急))和音で、12音階に属さない「微分音」というものらしい。
  JR、相鉄、名鉄、京阪、近鉄、阪神、西鉄、阪急、南海、京成 他 700Hz、750Hz
  小田急 450Hz、550Hz
  東急、京急 550Hz、650Hz
  東武 600Hz、650Hz
  西武 520Hz、660Hz

★スケッチの方向性
・ATtiny202 (megaTinyCore) を使う
・TCA0のPWMをDACもどきとして使用 (mills(), micros()や他のPWMは使用不可)
・電子ホーン式のみ
・CPU周波数に依存しない

スケッチつくったけど、半分くらいが初期値の設定やレジスタ設定や正弦波の配列などで埋まりました。
音の周波数の組み合わせを選択できるようにした。
音のリズムはとりあえず130/分にしたけど変更可能。
正弦波、鋸歯状波、矩形波を試してみたけど、正弦波が一番近いかな?
踏切の動画をミュートで見ながら、手元で音を出しても違和感なし。

// railroad crossing sound and signals : ATtiny202 (megaTinyCore 4-20MHz)
#include <util/delay.h>
#define F_SIGN    100           // light signal : 100/min (1.666Hz, 0.6  sec)
#define F_DING    130           // ding sound   : 130/min (2.166Hz, 0.461sec)
#define ATHALF    200           // attenuation half-life : 200 msec
static const uint16_t FRQ[][2] = {              // frequency combination (Hz)
      { 750,  700 },            // JR, SOTETSU, MEITETSU, KEIHAN, KINTETSU, HANSHIN, NISHITETSU, HANKYU, NANKAI, KEISEI..
      { 450,  550 },            // ODAKYU
      { 550,  650 },            // TOKYU, KEIKYU  
      { 600,  650 },            // TOBU
      { 520,  660 }             // SEIBU
};
static const uint8_t  SIN[] = {                 // array of sine wave
    0,  0,  0,  0,  1,  1,  1,  2,  2,  3,  4,  5,  5,  6,  7,  9,  10, 11, 12, 14, 15, 17, 18, 20, 21, 23, 25, 27, 29, 31, 33, 35,
   37, 40, 42, 44, 47, 49, 52, 54, 57, 59, 62, 65, 67, 70, 73, 76,  79, 82, 85, 88, 90, 93, 97,100,103,106,109,112,115,118,121,124,
  128,131,134,137,140,143,146,149,152,155,158,162,165,167,170,173, 176,179,182,185,188,190,193,196,198,201,203,206,208,211,213,215,
  218,220,222,224,226,228,230,232,234,235,237,238,240,241,243,244, 245,246,248,249,250,250,251,252,253,253,254,254,254,255,255,255,
  255,255,255,255,254,254,254,253,253,252,251,250,250,249,248,246, 245,244,243,241,240,238,237,235,234,232,230,228,226,224,222,220,
  218,215,213,211,208,206,203,201,198,196,193,190,188,185,182,179, 176,173,170,167,165,162,158,155,152,149,146,143,140,137,134,131,
  128,124,121,118,115,112,109,106,103,100, 97, 93, 90, 88, 85, 82,  79, 76, 73, 70, 67, 65, 62, 59, 57, 54, 52, 49, 47, 44, 42, 40,
   37, 35, 33, 31, 29, 27, 25, 23, 21, 20, 18, 17, 15, 14, 12, 11,  10,  9,  7,  6,  5,  5,  4,  3,  2,  2,  1,  1,  1,  0,  0,  0 
};

void setup() {
  PORTA.DIRSET        = PIN7_bm;                // PA7   SP  OUTPUT (mTC:1) (mTC default : PA3(mTC:4) to PA7(mTC:1) )
  PORTA.DIRSET        = PIN1_bm | PIN2_bm;      // PA1,2 LED OUTPUT (mTC:2,3)
  PORTA.DIRCLR        = PIN3_bm;                // PA3   SW  INPUT  (mTC:4)
  PORTA.PIN3CTRL      = PORT_PULLUPEN_bm;
  TCA0.SINGLE.INTCTRL = 0;                      // turn off Arduino(mTC) time system
  TCA0.SINGLE.CTRLD   = 0;                      // turn off split mode
  TCA0.SINGLE.CTRLC   = 0;                      // PWM output pins override - disable
  TCA0.SINGLE.CTRLB   = TCA_SINGLE_CMP0EN_bm    // enable compare channel 0
                      | TCA_SINGLE_WGMODE_SINGLESLOPE_gc;   // set Single-slope PWM mode
  TCA0.SINGLE.CTRLA   = TCA_SINGLE_CLKSEL_DIV1_gc           // 20MHz / 1 / 256 -> 78,125Hz
                      | TCA_SINGLE_ENABLE_bm;   // start timer 
  TCA0.SINGLE.PERBUF  = 0xff;                   // top value = 255
}

void loop() {
  static uint8_t  ch = 0;
  uint16_t  cDing,  iDing = 60 * (F_CPU >> 8) / F_DING;         // counter and initial cycles of ding sound
  uint16_t  cSign,  iSign = 60 * (F_CPU >> 8) / F_SIGN;         // counter and initial cycles of lignt signal
  uint16_t  cAttn,  iAttn = ATHALF * (F_CPU >> 8) / 1000 / 356; // counter and initial cycles of attenuation
  uint16_t  iA, diA = FRQ[ch][0] * 0x010000 / (F_CPU >> 8);     // array subscript and its difference
  uint16_t  iB, diB = FRQ[ch][1] * 0x010000 / (F_CPU >> 8);
  uint16_t  env;                                                // envelope
  PORTA.OUTSET = PIN1_bm;                       // LED On
  PORTA.OUTCLR = PIN2_bm;                       // LED Off
  cDing = cSign= 0;
  do{
    if( !cDing-- ) {                            // reset ding conter
      cAttn = iAttn;  env = 0xffff;   cDing = iDing;  
      iA = iB = 0;
    }
    if( !cAttn-- ) {                            // reset attenuation conter
      cAttn = iAttn;  env -= (env>>9);
    }
    if( !cSign-- ) {                            // reset light counter
      cSign = iSign;
      PORTA.OUTTGL = PIN1_bm | PIN2_bm;         // toggle LEDs
    }
    TCA0.SINGLE.CMP0BUF = ( SIN[ (iA+=diA)>>8 ] + SIN[ (iB+=diB)>>8 ] ) * (env>>9) >>8;
    while( !(TCA0.SINGLE.INTFLAGS & TCA_SINGLE_OVF_bm) );       // Waiting for TCA0 overflow
    TCA0.SINGLE.INTFLAGS = TCA_SINGLE_OVF_bm;   // cleared by writing a '1'
  } while( (PORTA.IN & PIN3_bm) );
  PORTA.OUTCLR = PIN1_bm | PIN2_bm;             // turn LEDs off
  TCA0.SINGLE.CMP0 = 0;
  _delay_ms(1000);
  if( ++ch == sizeof(FRQ)/sizeof(*FRQ) ) ch = 0;
}

202railroadc.jpg
小さいスピーカより大きめのスピーカのほうがいい音が出た。
attenuation.png
音の減衰具合。半分の値になるのが、356cyclesくらい。

nice!(0)  コメント(0) 

ATtiny202 正弦波のノイズ問題 TCAで解決! [Arduino]

ATtiny202 正弦波のノイズ問題が解決できました。
Timer/Counter Type A (TCA) は megaTinyCore のデフォルトで millis()/micros() に使われていたため、今まで手を出さなかったのですが、TCBにはない、PERにバッファーが付いた PERBUF や、CMPnにバッファーが付いた CMPnBUF を使わないとなんともならないようでした。

そこで、以下のサンプルプログラムとデータシートを見ながら作ってみました。

Getting Started with TCA
https://www.microchip.com/content/dam/mchp/documents/MCU08/ApplicationNotes/ApplicationNotes/TB3217-Getting-Started-with-TCA-DS90003217.pdf

cmp0buf.png

★はまったところ
はまったところは、megaTinyCore特有のところでした。
・PORTMUXの代替ピンが使用されていた
   PA3 (megaTinyCore 4番ピン) → PA7 (megaTinyCore 1番ピン)
・TCAの Split Mode が使用されていた
   いくら PERBUF や CMP0BUF を変更しても値が変わらない、、
   なぜなら、Split Mode にはこれらがないから。
   TCA0.SINGLE.CTRLD = 0; でSplit Mode から Normal Mode に戻す必要があった。
   この設定は 「millis()/micros() Timer;"Disabled(save flash)"」にしても有効。
   megaTinyCoreでmillis()/micros()は使わないけど、PWMには使うから。

megaTinyCore_megaavr_extras_TakingOverTCA0.md at master · SpenceKonde_megaTinyCore · GitHub
https://github.com/SpenceKonde/megaTinyCore/blob/master/megaavr/extras/TakingOverTCA0.md

以下、スケッチ。millis()/micros() の割り込みは解除してあります。

//  megaTinyCore(mTC) ATtiny202/212/402/412 Sine Wave with TCA
#include <avr/io.h>
#include <util/delay.h>

static const uint16_t OCTAVE9[] = { 7023, 7441, 7883, 8352, 8848, 9375, 9932, 10523,11148,11811,12513,13258 };
static const uint8_t  SINE256[] = {
    0,  0,  0,  0,  1,  1,  1,  2,  2,  3,  4,  5,  5,  6,  7,  9,  10, 11, 12, 14, 15, 17, 18, 20, 21, 23, 25, 27, 29, 31, 33, 35,
   37, 40, 42, 44, 47, 49, 52, 54, 57, 59, 62, 65, 67, 70, 73, 76,  79, 82, 85, 88, 90, 93, 97,100,103,106,109,112,115,118,121,124,
  128,131,134,137,140,143,146,149,152,155,158,162,165,167,170,173, 176,179,182,185,188,190,193,196,198,201,203,206,208,211,213,215,
  218,220,222,224,226,228,230,232,234,235,237,238,240,241,243,244, 245,246,248,249,250,250,251,252,253,253,254,254,254,255,255,255,
  255,255,255,255,254,254,254,253,253,252,251,250,250,249,248,246, 245,244,243,241,240,238,237,235,234,232,230,228,226,224,222,220,
  218,215,213,211,208,206,203,201,198,196,193,190,188,185,182,179, 176,173,170,167,165,162,158,155,152,149,146,143,140,137,134,131,
  128,124,121,118,115,112,109,106,103,100, 97, 93, 90, 88, 85, 82,  79, 76, 73, 70, 67, 65, 62, 59, 57, 54, 52, 49, 47, 44, 42, 40,
   37, 35, 33, 31, 29, 27, 25, 23, 21, 20, 18, 17, 15, 14, 12, 11,  10,  9,  7,  6,  5,  5,  4,  3,  2,  2,  1,  1,  1,  0,  0,  0 };

void setup(){           // Register Settings
  PORTA.DIRSET    = PIN7_bm;    // PA7 OUTPUT (mTC:1)
  //PORTMUX.CTRLC = 0;          // turn off TCA port multiplexer (PA7(mTC:1) to default PA3(mTC:4))
  TCA0.SINGLE.CTRLD   = 0;      // turn off split mode
  TCA0.SINGLE.CTRLC   = 0;      // PWM output pins override - disable
  TCA0.SINGLE.CTRLB   = TCA_SINGLE_CMP0EN_bm | TCA_SINGLE_WGMODE_SINGLESLOPE_gc;
  TCA0.SINGLE.INTCTRL = 0;      // turn off Arduino(mTC) time system
  TCA0.SINGLE.PERBUF  = 0xff;   // top value = 255
  TCA0.SINGLE.CMP0BUF = 0;      // output value
  TCA0.SINGLE.CTRLA   = TCA_SINGLE_CLKSEL_DIV1_gc | TCA_SINGLE_ENABLE_bm; // 20MHz / 1 / 256 -> 78,125Hz
}

void loop(){
  sineWave( 60,  500);          // C4
  sineWave( 64,  500);          // E4
  sineWave( 67,  500);          // G4
  sineWave( 72, 2000);          // C5
  _delay_ms(1000);
}

void sineWave(uint8_t midiNum, uint16_t msDuration) {
  uint16_t i, di = OCTAVE9[ midiNum % 12 ] >> (10 - midiNum / 12);  // 256 times the Wave Table subscript to advance in one cycle
  uint32_t cycDuration = F_CPU / 256 / 1000 * msDuration;           // Convert duration to number of cycles
  do {
    TCA0.SINGLE.CMP0BUF = SINE256[ (i += di) >> 8 ];        // 8bit PWM (78,125Hz)
      while( !(TCA0.SINGLE.INTFLAGS & TCA_SINGLE_OVF_bm) ); // Waiting for TCA0 overflow
      TCA0.SINGLE.INTFLAGS = TCA_SINGLE_OVF_bm;             // cleared by writing a '1'
  } while( --cycDuration );                                 // Exit if note data is 0
  TCA0.SINGLE.CMP0BUF = 0;                                  // Set output to 0
}

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -