SSブログ

UNO R4 とスピーカをつなぐシールドを作ってみた。 [Arduino]

DACで音声再生ができたものの、圧電サウンダの小さな音ではさみしい。
スピーカーでそこそこの音量での再生にチャレンジ。

使用したのは、10kΩの可変抵抗とNPNトランジスタと3.5mmジャック。
スピーカーは100円ショップで以前に購入したもの(アンプなし)。
回路図は以下のとおり。
r4_dac_q_sp_sch.png
トランジスタのことよく分かっていない、データシート読めない私が作ったので間違っていると思うけど、ごめんなさい。でも動いた。

シールドはこんな感じ。
r4_dac_q_sp_1.jpg
一列をさらに部分的にしか使っていないのでシールドと言っていいかも微妙ですが。
工夫した点は、UNO R4の平らな部分にジャックの底があたるようにすることで、高さ的にはピン+ピンソケットとほぼ同じ高さになりこころもち安定します。
r4_dac_q_sp_2.jpg
r4_dac_q_sp_3.jpg
ボリュームを絞りすぎると音が出ず。開きすぎても音が出ず。
ちょうどいいところに持っていくと、まあまあ大きな音になります。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。