SSブログ

8ピンATtiny(13/25/45/85)で遊ぶ基板をつくってみた。 [Arduino]

8ピンのATtinyで遊ぶ。
(従来の13/25/45/85を対象でATtiny202/402とかは除きます。)

これまでdigisparkを通じてATtiny85とはお世話になってきましたが、digisparkであるが故の問題点というか、便利さの裏返しがあります。

・ブレッドボードで使いづらいので1ラインにピンがすべてならんでほしい
・USBはいまどきのType-Cがいい
・全ピンふつうに使いたい

最後の「全ピンふつうに使いたい」については、「USB機能を捨てる(電源だけUSB)」ことになりますが、USB機能を維持したものを自作するのはちょっと大変そうだったので、「USB機能を捨てる(電源だけUSB)」、「書き込みはISP」とすることで設計していきました。

ユニバーサル基板ではUSB Type-Cのレセプタクルはまず扱えないし、CADでの基板自作もしてみたかったのでチャレンジ。
pcb8tiny.png
・KiCadで設計した。
・Type-CはConfiguration Channel(CC)に5.1kΩの抵抗をつけ正式な対応。(たぶん)
・せっかくなのでチップ部品を使用。
・エッチングは手間と機材がいるのでやらないで、外部発注。

●Cadソフト
いろいろあったけど、KiCadというのがよさそう。
EAGLEというのもあったけど、ユーザー登録したくなかったのでやめた。
最初はとっつきにくかったけど、1週間もしないうちに基板作成や、フットプリントの作成までできるようになっちゃった。
以下のサイトが非常にためになった。

KiCadで雑に基板を作るチュートリアル Ver6.x 予習版
https://speakerdeck.com/tokitahiroshi/kicaddeza-niji-ban-wozuo-rutiyutoriaru-ver6-dot-x-yu-xi-ban

KiCAD6.0入門 回路図・プリント基板を作成し、JLCPCBに発注する(KiCAD操作概要編) - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=6mEAS3d31Ns

他にも説明サイトはあるのだけど、バージョンが違うと見た目も違うので、現在のバージョン6.0ということでありがたい。さらに分かりやすかった。
行き詰ったら再度確認すると、ちゃんと自分がちゃんと読んでいなかっただけというくらい。
慣れは必要だけど、なんとなく設計できた。

●Type-Cレセプタクル
Type-A/Type-Cのケーブルからの電源供給だと問題なくても、電源供給側がType-Cの場合、Configuration Channel(CC)に5.1kΩの抵抗がないと、電源を供給してくれません。
賢いタイプの電源を使用する際はこの抵抗が必要です。

●発注
どこに頼んでいいのかよくわからなかったけど、安くて速そうなところでJLCPCBというところに注文した。

PCB Prototype & PCB Fabrication Manufacturer - JLCPCB
https://jlcpcb.com/

Kicad JLCPCB で検索して、JLCPCBに適した設定で書き出し、 ユーザー登録して、いろいろ入力して、データ転送して、お金を払って、届くのを待つ。
問題なく届き、問題なくできていた。

●はんだ付け
ヘッダピンの他に、USB Type-Cのレセプタクル、ノイズ除去のキャパシタ、Configuration Channel(CC)の抵抗。
USB Type-Cのレセプタクルは大変かと思ったけどなんとか。フラックスをいっぱい塗って、ブリッジしたら吸い取り線でとったりして、最後に切断したType-Cケーブルをさしてショートやはんだ不良がないか確認。
チップ部品も1608サイズの5.1kΩの取り付けが意外と大変だったけど、なんとかなりました。
pcb8tiny-1.jpg
●メインの8ピンATtiny
SOIC(1.27mmピッチ)のATtiny85が売ってない、あるいは売っていても非常に高価。
半導体不足のせいなのか、新シリーズ(202/402)への移行のせいなのか。
とりあえず、余っていたSOIC版ATtiny13Aを載せた。

反省点
・やっぱり、1ラインだけなのでグラグラする。
pcb8tiny-2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。