SSブログ

DigisparkにCharlieplexingは不向きかな。 [Arduino]

以前にもマトリックスLEDでCharlieplexingの応用で駆動するのをやりましたが、Digisparkのようなピン数の少ないものほどよい適応かなと思って作ってみました。

結論からいくと、Digisparkではやや動作がおかしいので、Arduino Nano互換機でやりました。


10ポイント青色バーLEDアレイOSX10201-B ディスプレイ・表示器 秋月電子通商-電子部品・ネット通販
https://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-04294/

I-04294.jpg

これをCharlieplexingで光らせるには4ピンあればOKです。(4ピンあれば12個のLEDまでいける)
端切れ基盤にICソケットとピンヘッダと抵抗を載せてポリウレタン銅線で配線。
cp10-1.jpg
cp10-2.jpg

いざDigisparkでやってみると、なにかおかしい。
光っちゃいけないところがぼやっと光ったりする。
理由として考えられること:
・リセットピン(P5)をI/Oピンとして使うとドライブ能力が低い
・純粋なピンがはP0、P2しかなく、他はUSBやbuilt-in LEDとつながっている
という感じだと推測しています。
たとえば、A → B と電流が流れてLEDを光らせる場合、 A → C → B という経路にはほぼ流れないんだけど、ピンの条件が均一でないために A → C → B という経路でもそこそこ流れてしまうのかなって。

仕方ないので、Arduino Nanoの互換機で試してみました。
cp10-3.jpg

// Drive 10 LEDs with 4 pins
// 
//   A A A B B B C C C D     D  D
// +---------------------+   |  |
// | | | | | | | | | | | |   |  |
// | _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ |   _  _ Cathode(K)
// | ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ ^ |   ^  ^ Anode(A)
// | | | | | | | | | | | |   |  |
// +---------------------+   |  |
//   B C D A C D A B D A     B  C
//
const  uint8_t LEDsK[12] = { 0, 0, 0, 1, 1, 1, 2, 2, 2, 3, 3, 3 };  // Cathode side (0:A, 1:B, 2:C, 3:D)
const  uint8_t LEDsA[12] = { 1, 2 ,3, 0, 2, 3, 0, 1, 3, 0, 1, 2 };  // Anode side
const  uint8_t LEDsPn[4] = { 2, 3, 4, 5 };                          // Arduino pin number (or DDRxn, PORTxn)
static uint8_t pos = 0, dir = true;                                 // Position and Direction(0:-, 1:+) of light

void setup() {
}

void loop() {
  lightUpD( dir ? pos++ : pos-- );
  delay(50);
  if(pos == 9 || pos == 0) dir = 1 ^ dir;
}

void lightUp(uint8_t n){                // Arduino form
  for(uint8_t i=0; i<4; i++) {
    if( LEDsA[n]==i || LEDsK[n]==i ) {          // If the pin is connected to the anode or cathode of the LED,
      pinMode( LEDsPn[i], OUTPUT );             //   set to output pin
      digitalWrite( LEDsPn[i], LEDsA[n]==i );   //   set cathode LOW, Set anode HIGH
    } else {
      pinMode( LEDsPn[i], INPUT  );             // Set to Hi-
    }
  }
}

void lightUpD(uint8_t n){               // port D version
  for(uint8_t i=0; i<4; i++) {
    bitWrite( DDRD , LEDsPn[i], LEDsA[n]==i || LEDsK[n]==i );
    bitWrite( PORTD, LEDsPn[i], LEDsA[n]==i                );
  }
}

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。